免責とは

免責

保険金が支払われない場合のこと。つまり、見積もりを取って入った保険会社の負うべき責任が問われない、ということになる。保険会社は、保険事故が発生した時には、保険契約に基づいた保険金を支払わなければならないが、ある特定の事柄が起こった場合には、その義務を免れることになっている。
自賠責保険の場合は、任意保険に較べて、免買事由は非常に制限されている。その事由は、運転者が無過失であり、被害者や第三者に過失があったことを立証出来て、なお加害車に構造上の欠陥がなかったことを証明出来る時に限られている。
実際上、構造上の欠陥はともかく、他のすべての立証は困難であるから、自賠責保険が免責となるのは、例えば保険料を収め忘れたというような単純な不手際があった場合くらい、ということになる。これは、自賠責保険には営利性を度外視して被害者を広く救済するという目的に基づくものである。
しかし、見積もりを行って加入した任意保険が免責となる場合は、意外と多いので注意を要する。加害者に賠償責任があるのに、保険会社は免責され、その義務を負わないことになり、保険金が支払われない、ということが起こる。例えば、見積もりを行って加入する対人対物賠償においては、記名被保険者自身の損害、つまり被保険自動車を運転したり、あるいは他人に運転させて同乗していたりした時に受けた損害には免責となる。また記名被保険者ということだけでなく、どの運転者であっても、運転者自身とその父母、妻や子の損害に対しては免責である。
特約で免責となる場合もある。例えば、運転者年齢制限や運転者家族限定などがそれである。また、セットされている自由事故、搭乗者傷害、無保険車傷害それに車両保険は、共通して、放意、無免許、酒酔い麻薬などによる正常な運転が出来ない状態での運転中の事故には免責となる。
この他にも、戦争、内乱、地震、津波、噴火など、任意保険にはいろいろと免責となる事由があるので、注意が肝心である。この免立に日頃無関心でいると、まさかの時にまるで伏兵のように現れて慌てさせられることになる。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ