カメラの役目

3年前に、家で風呂場のリフォームをした際、エコポイントが返ってきたので、それでデジタル一眼を購入しました。
最初は犬を撮る為に記録用のカメラでしかなかったのですが、色々な本屋サイトを見ていると、本格的に撮りたくなってきて、散歩の際にいつも持ち歩くようになりました。
たいしたカメラではないのですが、今まで持った事の無い、私にとってはとても大きなカメラです。
あるサイトに投稿するようになって、どなたかが反応してくださり、コメントを頂けるのがとても嬉しいいです。
今では犬だけではなくて、庭のハーブや花達の写真も撮るようになりました。

意識的に写真を撮るようになって、一番驚いた事は自然の風景の美しさです。
地元は田舎ですが、山に登る事などはありませんでした。
それが、少しあの山に登ってみようとか、ここにはあの鳥がいるから見てこよう、など自然の風景を見る為に地元の自然の豊かさや、今まで知らなかった植物の名前や季節の移ろいを感じるようになりました。
都会に住んでいると、地元に帰った時に山が見えただけでも感動したものですが、それよりももっと深く、あまり好きではなかった田舎を好きになり始めています。

あまり撮りませんが、空はいつも同じ夕焼けではないし、雲の形も様々。
忙しいとそんな当たり前な事も分からないで、下ばかり向いていた気がします。
この空があるから私達は生きているのに、息が出来るのに、なんか失礼な事をしていたなと思うのです。
よく、都会のオアシスといって、人工的に木をたくさん植えて自然と言っているけれど、少し違うなと思いました。

カメラに写るのは苦手だけれど、これからもカメラは私の良き相棒になりそうです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ