制汗スプレーの使い方を間違っていました…。

私は、夏は制汗スプレーをよく使います。
お気に入りはBANのグリーンティーの香りだったのですが、最近見ません…。
期間限定だったのかなぁ。

ネットなら手に入るかも!と思い、いろいろ調べていて、衝撃を受けました。
なんと今まで制汗スプレーの使い方を間違っていたんです。

みなさんがそうだと思うのですが、制汗スプレーって、たとえばスポーツの後だったり、汗をかいた時に脇などにシューってやるのが常識だと思っていますよね?
それが、なんと間違いだったんです。びっくりです。

正しくは、汗をかく前のきれいな体に使うものだったんですって。
そもそも臭いのもとになるのは、汗ではなく、汗と一緒に出る成分だったり、増殖された菌だったりするそうで、それが出てから制汗スプレーをするのではなく、綺麗なからだにしておいて、菌の繁殖をふせいだりする、というのが正しい使い方らしいんです。
なんという…。
今まで完璧に間違えていました…。

せっかくたくさんの人が考えて考えて出来上がった商品なのに、誤った使用方法で、余計に臭いを強くしてしまう可能性まであるという、なんとも申し訳ない思いでいっぱいになりました。

菌の繁殖などによって臭いが強くなる前に、シューしておかなきゃと思いました。
しかも一番いいのはお風呂上りの一番きれいな時にするのが正しい使い方なのだそうですよ!
…っとここまではいいお勉強だったということでいいとして…。
BANのグリーンティーの香りはどこいったかな?(笑)

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ